愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律

愛がん動物用飼料(ペットフード)の安全性の確保を図るための法律となります。平成21年6月1日からペットフード安全法として施行されたのです。法律の対象となるのは犬及び猫用のペットフードということです。

このことより、ペットの健康に悪影響を与えるペットフードの製造、輸入又は販売は禁止されます。消費者に対して適切かつ十分な情報を供給するために製造業者名や賞味期限などの表示が義務付けられます。

また、国は国内に流通するペットフードを監視し、問題が生じた時はその廃棄、回収作業を事業者に対して命令することが可能です。農林水産大臣及び環境大臣が定めた成分規格及び製造方法に背く犬及び猫用ペットフードの製造、輸入又は販売は禁じられます。販売される犬及び猫用ペットフードには・名称・原材料名・賞味期限・製造業者等の名称及び住所・原産国名の表示が義務付けられます。さらに、ペットフードの輸入業者又は製造業者は、届出が義務付けられます。問題が発生した場合などにペットフードの製造業者等から必要な報告の徴収又は立入検査等を行うことが可能となります。

>>ペットフードアドバイザー 通信講座