厚生労働省による理想的な一日の摂取量は?

近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、赤ちゃんの先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が明らかになりました。

そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が推奨しているんです。今では葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうちトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦が利用する場合もあるようです。妊娠しやすい体を作る食べ物は、おとうふや納豆、魚などがあります。ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。

妊娠に必須の栄養が多いので、毎日の食事でとっていきたいものです。ただ、総合的に言えば、一つの食品群に偏らないことが理想的な食生活というのに変わりはありません。そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、避けるようにしましょう。

妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。

赤ちゃんが健やかに育つように、サプリなど、お手軽に葉酸が取れる方法を活用しながら、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。

野菜だけで補おうとすると大変だと思います。葉酸サプリを利用することをお勧めします。

妊娠希望の旦那に飲ませたいサプリ